ハニー歯科ブログ

2018.02.16更新

こんにちは、ハニー歯科の西澤しげとです。

今日はお子様の虫歯予防の3回目です。聞いたことが無い方いらっしゃると思いますが、歯科医院で行うシーラントという予防方法についてお話したいと思います。

シーラントは主に奥歯に行われる、歯の咬合面(咬む面)の溝をプラスチックで埋める、虫歯予防の方法です。咬合面の溝は虫歯になりやすい箇所のひとつです。生えてきたばかりの歯の溝は特に深く、よごれが溜まりやすいので、とても虫歯になりやすいのです。そこで深い溝を埋めることによりブラッシングしやすくすることで虫歯になりにくくなります。

シーラントは6歳臼歯(第一大臼歯)に特に効果的な方法です。6歳臼歯は歯の中でも一番複雑な溝を持つ歯です。そして、生える時期は大人の歯の中で1番目か、下の前歯の次という、とても早い時期に生えてくる歯です。ですから、かなりの確率で6歳臼歯の咬合面は虫歯になります。

ブラッシングの改善、食生活の改善、フッ素の使用、が全体的に虫歯を減らしてくれるのに対して、シーラントは一番なりやすい箇所を狙ってピンポイントで対策するという方法です。ご家庭でできる方法ではありませんが、生えかわりの時期が始まったら歯科医院でシーラントを行うことも検討してみてはいかがでしょうか。

虫歯を予防したいならシーラントも知らんとね!というダジャレで締めてみました (>_<)

投稿者: ハニー歯科

  • お問い合わせ
    お問い合わせ
  • ハニー歯科ブログ
    ハニー歯科ブログ
  • facebook
    facebook