ハニー歯科ブログ

2018.03.29更新

こんにちは、ハニー歯科の西澤しげとです。

今日は歯周病が全身にもたらす悪影響についてお話し致します。

歯を支えている骨やその周りの歯ぐきには、毛細血管が張りめぐらされています。そのため歯周病が進行すると歯周病菌は簡単に血管に入り込み全身をかけまわります。もちろん、血液中に入った歯周病菌は白血球が退治してくれます。ところが、歯周病菌の死骸が持つ内毒素というのが、死んでなお悪さを働きます。代表的な例をいくつかあげたいと思います。

1糖尿病

歯周病菌が死んだ時にばらまかれる、内毒素がインスリンの働きを邪魔し、糖尿病を悪化させます。糖尿病の方は、免疫が低下しやすく、歯周病と糖尿病が相互にリスクファクターになっているので、とても厄介です。

2心筋梗塞 脳梗塞

どちらも血栓が大事な血管に詰まることで起きます。歯周病菌が原因で血管内にプラークが出来ることが最近分かってきました。これらが剥がれ、血流に乗り、運悪く大事な血管がつまると心筋梗塞や脳梗塞となります。

3誤嚥性肺炎

この病気は血液を介しません。お口の中の菌が、唾と一緒に気管や肺に入ってしまうことで起こります。高齢で飲み込む機能が落ちている方に多いのですが、そのような方でもお口の中をきれいに保つことで、感染のリスクを下げられます。

4早期低体重児出産

歯周病の方は早期低体重児出産のリスクが約7倍になると言われています。原因は詳しくは分かっていまいのですが、胎盤を通して退治が感染をおこしているのではないかと言われています。

その他にも、感染性心内膜炎、関節リウマチ、などにも影響しています。早めの治療、予防を心掛けたいですね。

 

投稿者: ハニー歯科

  • お問い合わせ
    お問い合わせ
  • ハニー歯科ブログ
    ハニー歯科ブログ
  • facebook
    facebook